サタンが最も憎んでいる本 (Page 2)

2.E.G.ホワイトは終わりの時の預言者である。gc

・E.G.ホワイトが夢や幻を通して書き残されたものを「証の書」、「預言の霊」「イエスのあかし」と言う。

・第一コリント14:32 「預言者の霊は預言者に服従するものである」。

・イザヤ34:16 「あなたがたは主の書をつまびらかにたずねて、これを読め。これらのものは一つも欠けることなく、また一つもその連れ合いを欠くものはない。これは主の口がこれを命じ、その霊が彼らを集められたからである」。聖書と証の書は完全に調和する。

3.証の書に対するサタンの憎しみ

・1SM84「あかしの書に対するサタン的憎しみの火が燃え上がるであろう」

・4T230わたしの働きは….神の印を帯びえているか、それとも敵の印を帯びているかどちらかである。このことにおいて中途半端はない。証は神の霊であるか、それとも悪魔からのものであるか、そのどちらかである」

・E.G.ホワイトは、25,000,000 の言葉を手紙や原稿、記事、書物として書かれた。