サタンが最も憎んでいる本 (Page 3)

3.盗作問題

・ワルター・レーが公然とE.G.ホワイトを攻撃!

私がE.G.ホワイトの書物に対してしているように、あなたがたは、そのようなことを聖書にしてはならない」

・デール・クラドール曰く:アトランティック ユニオンカレジの新聞North Pacific Union Gleaner, February 1, 1982, p. 10.

「もし我々がウオルター・レーの結論に基づいてE.G.ホワイトを拒むならば、聖書のすべての預言者も拒まなければならない。なぜなら、聖書の著者たちもその時代の人々の言葉を用いたから。

・レター12、1890「サタンの最後の欺瞞は、神のみ霊のあかしを無効にすることである」

・証の書は、他の書物からの引用、また非常に似ている用法があるので「盗作問題」が出た。SDA世界総会は、盗作問題の専門、ラミック弁護士に調べてもらった。結論は盗作問題ではないことになった。

・聖書の著者は、約44人。互いに引用し、非常に似た表現をしている。聖書から例を挙げてみよう:

1.イザヤ2:2-4(750年B.C)  と ミカ 4:1-3(720B.C)

2.イザヤ 36 ~39と列王下 18 ~ 20 アッスリアのユダ侵略、ヒゼキヤについて

3.マルコとマタイとルカ

マルコの95%はマタイあるいはルカにある。ルカ 1:1-4は、「大争闘」の序論と似ている。E.G.ホワイトも他の著者から用いていると言っている。彼女は夢や幻から与えられたことを、より良い表現があった場合には、借用している。

ヨハネによる福音書は、ユニーク。 他の3人とは独立していて、彼の記事はマルコ、マタイ、ルカにはほとんど記されていないことが書き記されている。ルカ 1:1-4は、マタイ、マルコとも非常によく似た書き方をしている。

4.箴言-ソロモンは、他の人が前に書いたものをよく用いている。

伝道の書12:9 「さらに伝道者は知恵があるゆえに、知識を民に教えた。彼はよく考え、尋ねきわめ、あまたの箴言をまとめた」。

伝道12:10 「伝道者は麗しい言葉を得ようとつとめた。また彼は真実の言葉

を正しく書きしるした」。

5.エピメニデス Epimenides,Єπιμενίδης(生没年未詳ギリシア伝説的な詩人預言者から引用している。テトス1:12 使徒17:28

6.ユダ14-15は、100年前に書かれたエノクの書という外典から引用しているとされている。

7-12 黙示録の言葉も、エノクの書と似ているところがある。

エノク86:26と黙示録20:15

エノク91:16と黙示録7:9

13.ハンムラビ法典モーセはどちらが先が定かではないが、似ているところがある。

ハンムラビコード,No. 14:と出エジプト21:16;ハンムラビNo,196,200と 出エジプト19:21  1 BibleCommentary, 616-619参照。

14.2ペテロ2-3章ユダ4-18、特にユダ4-18と2ペテロ1-3:18

17. 使徒17:28 われわれは神のうちに生き、動き、存在しているからである。あなたがたのある詩人たちも言ったように、『われわれも、確かにその子孫である』。ギリシャ詩人、アラトゥスからの引用。患難から栄光へ上、257参照。「パウロはある詩人の言葉を借りて」

しかし、パウロも、E.G.ホワイトも他人からの引用はごくわずか (25,000,000 の中)。

 

ロバート・オルソン(元ホワイト刊行協会長)「E.G.ホワイトは、一生の間に25,000,000 の言葉を手紙や原稿、

記事、書物として書かれた。ある時には、一日に約4,500(18ページ)も書いた」。