2019年東京セミナーのご案内【更新しました】

*一部内容、時間帯等に変更があります

2019年東京セミナーのご案内【入場無料】

終わりの時、キリストの再臨はいつ?

特別なしるし

「マタイ 24:36 その日、その時は、だれも知らない。天の御使たちも、また子も知らない、ただ父だけが知っておられる」。…..が神が介入なさる定められた時、預言の期間があるのだろうか? もう預言の期間はないのだろうか?

  • マタイ24、ルカ21章、ダニエル11章、12章についての新しい考察!
  • 「短期間に大きな働きがなされるであろう。神の任命された者によって、使命は大いなる叫びへとふくれあがるであろう。その時、ダニエルが証をするために立ち上がるであろう」 Manuscript Release,Vol.2,20(Letter 54,1906).

「ダニエル書と黙示録がよりよく理解されるとき、信徒は全く異なった宗教経験を持つようになるであろう。彼らには、天国の開かれた門の光景が与えられ、心の清い者の報いとなる祝福を理解するために、すべての人が発達させねばならない品性に、心と思いが感動させられるであろう。・・・」牧師への勧告114

 

 

日時:2019年11月15日(金)~17日(日)

11月 15日(金) 14:30~18:00
16日(土) 午前9:30~12:00 午後14:00~17:30
17日(日) 9:00~12:00

講義内容:

  • 終わりが近いことを知る手掛かりはあるか? 特別なしるしを探る。
  • マタイ24章、ダニエル12章の研究
  • ダニエル11:40の「終わりの時」とは?
  • 1844年以後は、もう預言の期間はないのか?
  • 「荒らす憎むべきものが立つのを見たならば、読者よ悟れ」とはどういう意味か?
  • 神が介入なさる時
  • 「神が働かれる時が来たことが分かる、神はご自身を現される時」 はいつか?
  • 生ける者のさばき ・罪の除去 ・後の雨/大いなる叫び→福音は短期間のうちに全世界へ
  • 「サタンがキリストを装って現われる時はいつか? 欺瞞の一大ドラマの最後を飾る一幕。
  • 日曜休業令に導く要因
  • 日曜遵守強要令は人類にとって何を意味するか?
  • フランシスコ法王の訪日の意味
  • 法王のラウダート・シ(回勅)、温暖化現象、自然災害

※詳しい時間割は当日にお渡しします。

場所:東京都北区滝野川

※詳細は参加者に後日お伝えいたします。

プレゼンター:金城重博、花城健

定員:先着50名

会場の人数制限がありますので、事前にお申し込みくださった方のみとさせていただきます。ご了承下さい。

お申込み先:サンライズミニストリー

電話:0980-56-2783
FAX:0980-56-2881
Email: contact@srministry.com

締め切り:11月 5日(火) 午後5時まで

お誘い合わせの上、ぜひこの真理の学びに足をお運びください。お待ちしております。