教会 について

聖別された儀式

*霊感の言葉* ヨハネ 13:1  「過越の祭の前に、イエスは、この世を去って父のみもとに行くべき自分の時がきたことを知り、世にいる自分の者たちを愛して、彼らを最後まで愛し通された。」 ヨハネ 13:4-5「夕食の席から […]

聖書研究ガイド_キリストの教会№1

*先日7月6日の聖書研究において幾人かの方々から反響がありましたので、補足としてレジメを掲載させていただきます。 第1課 (7月6日)  教会とは何か 司会者:花城健 暗唱聖句 「そして、万物をキリストの足の下に従わせ、 […]

キリストに対する忠誠

*霊感の言葉* ピリピ3:20 「しかし、わたしたちの国籍は天にある。そこから、救主、主イエス・キリストのこられるのを、わたしたちは待ち望んでいる」。 マタイ10:32、33 「だから人の前でわたしを受けいれる者を、わた […]

神の国は近づいた

*霊感の言葉* 時を知ることの重要性 大下69 聖書にも、「その日、その時は、だれも知らない。天の御使たちも・・・知らない、ただ父だけが知っておられる」とある(マタイ24:36)。・・・弟子たちは、「あなたがまたおいでに […]

沈黙の説教者

*霊感の言葉* 最終時代の諸事件125 この書物「各時代の大争闘」の配布の結果は今の状態で判断すべきではない。ある者はそれを読んで、目をさまし、直ちに神の戒めを守る者の群れに加わる勇気があるであろう。しかし、さらに多くの […]

祝福された教会となるために

*霊感の言葉* 祝福の山153~157 自分本位の狭い批判の空気は、けだかく寛大な感情を押えつけ、人々を自己中心的な裁判官や心の小さなスパイにしてしまう。パリサイ人は、こういう種類の人々であった。……「なぜ、兄弟の目にあ […]

天の王家の紋章

*霊感の言葉* キリストの実物教訓54 種の中の胚種(はいしゅ)は、神が種の中に植えつけられた生命の原則によって生長するのである。種の発育は、全く人間の力によるものではない。キリストの王国でもそれと同様である。それは、新 […]