法王フランシスコのフィリピン訪問

これもまた非常に驚くべき動画であり、驚くべき預言の成就であると思います。

ダニエル書と黙示録の預言によると、世の終わりに世界を支配するのはローマ法王教であることが分かります。ローマ法王教は中世時代において、全ヨーロッパの政治、経済、宗教を支配しました。1798年に致命的な傷がなおって、今度は全世界を支配すると預言されています。「全地の人々は驚きおそれて、その獣に従い」「拝む」ことさえすると、黙示録13章3節には書かかれています。「驚きおそれて」という原語には「称賛する」という意味もあります。

今は、法王に対する人々の「称賛」は目を見張るばかりです。多くの神の民が知らないで魅惑されています。

「わたしはまた、もうひとつの声が天から出るのを聞いた、『わたしの民よ。彼女から離れ去って、その罪にあずからないようにし、その災害に巻き込まれないようにせよ。』」(黙18:4)