2014年 (Page 2)

愛の具体性

・Ⅰコリント13章4-7節 キリストの時代も今日も、最大の欺瞞は、真理に対する同意だけである。真理は魂の聖所の奥殿にいれなければ生活は変えられない。愛はⅠコリント13:4-7に具体的に説明されている。

形式主義の危険

「わが教会の中には霊的氷山がある。人目をひくような見せびらかしはできるが、世の光として輝くことのできない形式主義者がたくさんいる」 ・イザヤ58:6,10 わたしが選ぶところの断食は、悪のなわをほどき、くびきのひもを解き […]

「贖罪の血と水に感謝!」

真の信仰は神の約束をわがものとし、従順という実をむすびます。独断的な信仰もまた約束をわがものにしますが、サタンと同じように、これを罪とがの言い訳に使います。新しい契約は神の律法に基礎をおいています。イエスのわき腹の血は彼 […]