第8課 救いの計画

1.人間の失われた状態を聖書ではどのように描写していますか。

たとえ話:失われた羊 ルカ15 : 1-7を読んでください。

①  我々は罪のうちに生まれてくる。詩篇51 : 5;58 : 3;イザヤ48 : 8
②  知力は暗くなった。エペソ4 : 18;ローマ1 : 21
③ 心ははなはだ悪に染まっている。エレミヤ17 : 9
④ 霊的に死んでいる。「生まれながらの怒りの子」エペソ2 : 1-3

2.人間は自分自身の努力で自分を救うことができますか。

「エチオピヤびとはその皮膚を変えることができようか。ひょうはその斑点を変えることができようか。もしそれができるならば、悪に慣れたあなたがたも、善を行うことができる。」エレミヤ13 : 23

 

3.私たちの救いの唯一の希望はどこにありますか。

「この人による以外に救はない。わたしたちを救いうる名は、これを別にしては、天下のだれにも与えられていないからである。」使徒行伝4 : 12

 

4.愛の神は人類を救うためにどうなさいましたか。

「神はそのひとり子を賜わったほどに、この世を愛して下さった。それは御子を信じる者がひとりも滅びないで、永遠の命を得るためである。」ヨハネ3 : 16

 

5.イエスは何のためにこの世に来られましたか。

「人の子がきたのは、失われたものを尋ね出して救うためである。」ルカ19 : 10

 

6.なぜ、救い主イエスと呼びますか。

「彼女は男の子を産むであろう。その名をイエスと名づけなさい。彼は、おのれの民をそのもろもろの罪から救う者となるからである。」マタイ1 : 21

イエスは失われた人類だけでなく、この世界に罪をもたらしたサタンをも滅ぼすために来られました。

「このように、子たちは血と肉とに共にあずかっているので、イエスもまた同様に、それらをそなえておられる。それは、死の力を持つ者、すなわち悪魔を、ご自分の死によって滅ぼし、死の恐怖のために一生涯、奴隷となっていた者たちを、解き放つためである。」ヘブル2 : 14, 15

 

7.神の切なる願いは何ですか。

「わたしは何人の死をも喜ばないのであると、主なる神は言われる。それゆえ、あなたがたは翻って生きよ。」エゼキエル18 : 32

「神はそのひとり子を賜わったほどに、この世を愛して下さった。それは御子を信じる者がひとりも滅びないで、永遠の命を得るためである。」ヨハネ3 : 16

「ある人々がおそいと思っているように、主は約束の実行をおそくしておられるのではない。ただ、ひとりも滅びることがなく、すべての者が悔改めに至ることを望み、あなたがたに対してながく忍耐しておられるのである。」ペテロ第二3 : 9

 

8.神の救いの計画は、人の住まいであるこの地球の回復も含んでいますか。

「見よ、わたしは新しい天と、新しい地とを創造する。さきの事はおぼえられることなく、心に思い起すことはない。」イザヤ65 : 17

「しかし、わたしたちは、神の約束に従って、義の住む新しい天と新しい地とを待ち望んでいる。」ペテロ第二3 : 13

 

9.善人、悪人はどこで報いを受けますか。

「もし正しい者がこの世で罰せられるならば、悪しき者と罪びととは、なおさらである。」箴言11 : 31

 

10.正しい者の永遠の住まいはどこですか。

「柔和な人たちは、さいわいである、彼らは地を受けつぐであろう。」マタイ5 : 5

再創造された美しい世界についての描写を読んでください。(イザヤ35章、特に5, 6節;イザヤ45 : 18;黙示録21, 22章参照)

11.この世界の悪はどのように清められますか。

「しかし、主の日は盗人のように襲って来る。その日には、天は大音響をたてて消え去り、天体は焼けてくずれ、地とその上に造り出されたものも、みな焼きつくされるであろう。」ペテロ第二3 : 10

 

12.この地上が焼き尽くされて後、何が出現しますか。

「しかし、わたしたちは、神の約束に従って、義の住む新しい天と新しい地とを待ち望んでいる。」ペテロ第二3 : 13