カテゴリー別アーカイブ: 信仰生活

現代の預言者 エレン・ホワイト

B33-1

伊藤 繁美 著

エレン・ホワイトの生涯とその働きとは?また彼女は本当に預言者として神様に用いられた人物だったのでしょうか。
とても分かりやすい内容で書かれており、おすすめの一冊です。

キリストを映して

B22-3

E・G・ホワイト 著

毎日読めるように編集されたディボーショナル書籍。恵みについての引用文。

信仰に関する教訓

B41-15

A・Tジョーンズ/E・J・ワゴナー   著 A4サイズ、 102頁

信仰に関する聖書の教訓ーそれは何なのか、それはどのように生まれるのか、それをどのように活用したらよいのかーを告げる。

よきおとずれ

B41-14

E・J・ワゴナー  著 A4サイズ、123頁

ガラテヤ人への手紙にみる福音。

厳粛な訴え

B25-01

E・G・ホワイト 著

母親に対する訴え、感傷主義〔センチメンタリズム〕について、女性の慎ましさ、破られた律法、結婚関係など語られにくい事柄をあえてE.G.ホワイトは取り上げて厳粛に訴えている。

神との交わり

B22-02

E・G・ホワイト からの引用

キリストとつながることがわれわれの命の源である。どのように祈り、どのように神と交わるか?祈りについての質問&答えを聖句と証の書から知る。

神の驚くべき恵み

B22-01

E・G・ホワイト 著

毎日読めるように編集されたディボーショナル書籍である。恵みについての引用文。

キリストそしてキリストの義             

B41-12

E・J・ワゴナー 著 A5サイズ、 101頁

 
福音に仕える者は、人々の注意をキリストだけに向けさせ、福音の主題であるキリストを銘記させ続ける正当な理由を聖書の中に持っています。パウロは「わたしはイエス・キリスト、しかも十字架につけられたキリスト以外のことは、あなたがたの間では何も知るまいと、決心した」といいました。