カテゴリー別アーカイブ: キリスト教と預言

悪魔は本当にいるのか

B40-29

著者 及川 吉四郎  A5サイズ、139頁190g

神の存在と悪魔の存在は現実である。悪魔の正体の真実を聖書だけが正確に証している。

 

 

義認、聖化、完全

B41-31

著者 及川 吉四郎  A5サイズ、205頁、222g

神が人間を救うというときに、この義認、聖化、完全という言葉で説明する。このテーマはいつの時代にも神学的な論議がなされてきた。「神と人類の敵は、この真理が明確に示されることを喜ばない。なぜなら人々がそれを十分に受けるとき、彼の力が破られることを知っているからである」福音宣伝者161 頁。著者は自分のクリスチャン体験とみ言葉からこの問題を解き明かす。特にキリストの再臨待望者にとって必読の書!

 

 

仏教は本来、女人を救いの対象とはしていない

B13-10

著者 及川 吉四郎  A5サイズ、129頁、182g

「女人は仏教の救いの対象とはされていない」?驚きの事実! キリストの福音の素晴らしさと比較しておもしろい!

 

 

「神の救いの計画」を 一まとめにしたお話

B40-30

著者 及川 吉四郎  A5サイズ、22頁、31g

愛の神が罪人を救うという計画を、統括してわかりやすく説明した小冊子。

 

 

クリスマス – キリストは神か人か?

B12-7

著者 及川 吉四郎   A5サイズ、43頁、63g

クリスマスは世界中で祝われるが「イエス・キリストとは誰か」を知る人は多くはいない。誰でも一度は知らなければならないことである。

 

 

偶像は神ではありません

B13-9

著者 及川 吉四郎   A5サイズ 354頁

 

 

阿弥陀仏とキリスト

B13-7

著者 及川 吉四郎   A5サイズ

 

 

世界の紛争と宗教

B13-6

著者 及川 吉四郎   A5サイズ

 

 

聖徳太子とキリスト教

B13-5

著者 及川 吉四郎   A5サイズ

 

 

人類救済の神の計画とその象徴的模型としての聖所

B12-5

及川 吉四郎 著

クリスチャン品性の完成という目標、理想と現実の狭間からついに天の至聖所に解決の光りを見出した著者の体験を綴った本。